性病に感染したことのある人はHIVに注意しましょう

2020年03月19日

これまで性病に感染したことがあるという人は、HIVウイルスの感染にも気をつけておかなければならないでしょう。現在の世界状況としてHIVやAIDSの患者は増加傾向にあります。そのため世界エイズデーが設けられて、世界的に啓発活動が行われていますが、現在も世界状況は変わっておらず、これらの病気にかかってしまう人は少なくありません。レッドリボンと言う言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、レッドリボンはこういった病気の連鎖を止める、みんなで連携して解決するという意味が込められており、ひとりひとりがHIVやAIDSに関する正しい知識を持つことが求められているのです。

HIVとAIDSは全く同じものではありません。まずはHIVウイルスに感染し、それが治療されることなく放置しているとAIDSまで進行してしまうのです。現在は優れた治療法が誕生しているため、昔ほどこれらの病気に苦しむこともなくなっています。早い段階で感染に気づくことができれば、健康的な人と同様の平均寿命まで生活を続けることができたと言うほど、治療法は進歩していると言うことができるのです。治療法が進んだと言っても、感染しないに越したことはありませんので、きちんと予防や検査を行うことが大切だと言えます。

日本の患者数も決して少ないものではありませんから、日本の患者数から考えても性行為を行う人は誰が感染してしまってもおかしくないと言えるのです。特に不特定多数の人と関係を持つ人は感染確率が高いと言えますし、性風俗を利用する人も感染確率が高い傾向にあります。これまでに性病に感染したことがあるという人は、感染するような性行動を行っている証拠ですから、より一層気をつける必要があると言えるでしょう。基本的に性病は体液が粘膜に触れることで体内に入って行くことが多いので、そうならないようにコンドームの装着を徹底したり、感染者とは性行為を行わないようにしたりすることが大切です。

HIVウイルスに感染すると次第に免疫力が低下していき、AIDSを発症するとかなり免疫力が低くなってしまいます。つまり様々な病気に感染する確率が高くなってしまうので、非常に危険です。そうならないようにするためには、感染者の体液から原因ウイルスが入り込んでしまうような方法での性行為を控えたり、疑わしいときには検査を受けたりするということが大切だと言えます。早期発見することができれば、早いうちに治療を行っていくことができますので、これまで他の性病になったことがある人は特に注意してください。